· 

3年生チーム練習試合

6月18日/仙北球場 第1戦

青森山田 000 000 011 =2

秋田修英 100 000 002X  =3

【山】三浦―蟹澤

 9回表に逆転したが、その裏惜しくも逆転サヨナラ負けを喫した。マスクをかぶった蟹澤智毅捕手(3年)は守りの要として頑張った。強肩の捕手で配球の面でも成長。1年秋からベンチに入ったり外れたりを繰り返したが、最近はベンチ入りが定着。打撃力も向上してきた。正捕手の福原朱理(3年)をバックアップする存在として期待を受ける。「肩には自信がある。しっかり結果を残し、夏のメンバーに入りたい」と話した。

6月18日/仙北球場 第2戦

秋田修英 000 000 303 =6

青森山田 001 220 000 =5

【山】対馬、土岐―田中 (三)西條(二)西條、高橋

 1番に起用された西條勝豊左翼手(3年)が三塁打、二塁打を放ち、三塁盗塁を成功させるなど働いた。「1番は好き。打席が多く回ってくるし、チームで最初にヒットを打って勢いに乗せることができる」という。レギュラーチームでは三塁コーチャー、ベンチからの伝令を務めてきた。また代打出場の準備も欠かさない。「最近調子が上がってきて、手ごたえを感じる。夏へ向けて1試合1試合、しっかり結果を出していきたい」と話した。